パンダの漢方ここだけ話

 中医学(中国漢方)の考え方をわかりやすくお伝えする、「パンダの漢方ここだけ話」ぜひご覧になって下さい。

 「パンダの漢方ここだけ話 vol1~vol12」のコラムは、㈱越後ジャーナル社発刊のフリーペーパー「ENGINE」(エンジン)紙面にて、平成18年4月~平成19年3月まで1年間の連載で掲載。また、パンダの言い忘れはHP開設時に追記したものです。

vol12 あなただけの漢方処方

2007-03-01

・・・正しい漢方薬の選び方

 TVの健康番組などで、自分と同じ病気や症状に漢方薬の○○が良いと聞いて「私と同じ…飲んでみようかな…」本当にそれで良いのでしょうか? (さらに…)

vol11 不眠で困っていませんか?

2007-02-01

・・・不眠の悩み

 眠りが浅い・寝つきが悪い・夢が多い・寝ても疲れが取れない…などと感じ、安眠まくら・環境音楽・ポプリ・寝酒…など色々試されていませんか?漢方では心が精神活動の中心であるとしています。精神は頭で考えることではなく、「こころ」で想うことです。嬉しい時に胸がワクワク、恋をすると胸がキュン!緊張・不安・興奮・歓喜などで精神が安定していない時は、動悸がしたり、なかなか眠れなくなったりします。 (さらに…)

vol10 お年寄りと子どもは仲良し

2007-01-01

・・・発育・成長の遅れ、老化現象

 お年寄りの教えに小さな子がうなずく様子は微笑ましいですね。どちらも生活のペースがゆっくりで、仲良く気が合っている感じです。実はお年寄りと小さな子はとても似ています。尿や便をコントロールできないのでオムツをし、足下がおぼつかずよく転び、言葉もあやふやで覚えられず、抵抗力が弱くすぐカゼをひき、歯がなく消化の悪いものが食べられないなど、共通点がいっぱいです。 (さらに…)

vol9 女性の冷え症は普通?

2006-12-01

・・・あなたの冷え症はどのタイプ?

 冬の寒さにかじかむ手・足腰の冷えなど「女性の冷え症は普通」と思っていませんか?電気毛布や靴下がないと眠れない人は、体質に問題があり、放っておくと怖い病気になります。まずは胃腸が弱いと栄養を取り込めず、熱を作れません。お腹が冷え、下痢をしやすい人は、「星火健胃錠」や「人参湯」などで胃腸を強化します。そして、熱を生むのは腎です。腎臓は体温調節する脳の働きとも関係があります。その働きが虚弱体質・過労・老化などで低下すると、足腰の冷えとともに腰痛・排尿異常・むくみなどを生じます。さらに腎はホルモンにも関わるため、不妊症・更年期障害・早老の原因になります。腎臓の働きを補い足腰を温めるには「双料参茸丸」や「参茸補血丸」など使います。 (さらに…)

vol8 美味しくお酒を飲むために

2006-11-01

・・・お酒のダメージを軽くするには?

 お酒と言えば肝臓。でも悪酔い・二日酔いの時に、よく胃腸薬を飲んでいませんか?刺身をつまみに、ビールや水割りを飲みすぎると、余分な水分と冷えから胃腸の働きが低下します。すると体に必要な水分は吸収されず、お腹にチャプチャプ溜まり吐き気がします。この状態を寒湿(かんしつ)と言い、漢方では体を温め水分代謝を促す「勝湿顆粒」などを使います。 (さらに…)

vol7 痰を根絶して、喘息を治そう!

2006-10-01

・・・喘息の根本治療

 秋晴れの気持ちの良い時期ですが、喘息の人にとっては少しうかない季節です。朝晩の寒暖の差が大きく、行事も多く、疲れやストレスから風邪を引いたり、お腹を壊したりして、そんなことが引き金となり、なんとなく胸の圧迫感を感じているうちに、咳・くしゃみ・鼻の痒みなど、喘息発作の前兆がやってきます。漢方では、喘息の原因は主に肺に潜む痰にあると考えます。 (さらに…)

vol6 ため息をついていいのよ、お父さん

2006-09-01

・・・ストレスが引き起こす症状

 ハァ~ッ、ため息ばかりついていると、「幸せが逃げて行くよ」と言われます。確かにため息の多い人といると、こちらも元気がなくなりそうです。職場のストレスや家庭の問題で悩んだりして、ため息が出る時はどんな気分でしょうか? 気が重い・気がめいる・気が進まない、なぜか「気」の言葉を含んでいます。それもスムーズに流れていない感じがします。漢方では、「気」とは人の活動を支えるエネルギーであると同時に、全身のバランスを調える働きがあるとしています。ストレスが蓄積されて気のめぐりが悪くなると、気持ちも伸び伸びできず、憂鬱やイライラ・ノドが詰まる・胸の脇やお腹が脹って痛む・腹にガスが溜まり、おならやゲップが出るなど、気が滞る症状を生じます。 (さらに…)

vol5 猛暑の候、心臓はお元気ですか?

2006-08-01

・・・夏に心筋梗塞が多い訳は?

 夏の汗かきさんは、汗をダラダラ流しながら水をガブガブ。でも、汗は水と同じではありません。マラソン選手が給水で飲むのは水でしょうか?熱中症で倒れた時に、何を点滴しますか?ただの水ではないですよね。汗は水分に加え、ミネラルなどを含みます。汗のかきすぎは水分とともにエネルギーも消耗するので、だるくてやる気がでない・息切れ・動悸などが現れます。 (さらに…)

vol4 冷蔵庫にただいまぁー!

2006-07-01

・・・病弱な子どもの食習慣

 あなたのお子さんは、帰ってくるとすぐに冷蔵庫に向かって「ただいま!」と挨拶して、ジュースを飲んだり、アイスを食べたりしていませんか?風呂上りや寝る前にもゴックンゴックン飲んでいませんか?昔から子供には「お腹を冷やすな」とよく言います。なぜ冷やすといけないのでしょう?氷に触るとヒヤッと手を引っ込め、体が縮こまるように、お腹を冷やすと胃腸もキュッと縮んで動かなくなります。そうすると食欲不振・消化不良・軟便などの胃腸症状が現れます。漢方では、胃腸は筋肉の状態や働きとも密接な関係があるとしています。ですから、このような状態が長引くと食べても太れない痩せや、筋肉にしまりのない水太り体形になります。更に充分な栄養を吸収して全身に届けることができなくなるとカゼを引きやすい・喘息・花粉症・アトピー・乾燥肌・敏感肌・病気がなかなか治らないなどのひ弱な体質を作ります。 (さらに…)

vol3 からだが重~い!

2006-06-01

・・・からだに悪さをする水分

 ジメジメと湿気の多い梅雨の時期は、体が重くなったり、だるくなったり、頭が重い、口が粘る、むくみ、胃腸が重くもたれる、下痢などの症状に悩む方が少なくありません。漢方では、体に悪影響のある過剰な湿気や水分のことを「湿邪」(しつじゃ)といいます。梅雨の時期の湿気が体を取り囲むと、体内の水分代謝も悪くなり、特に胃腸の働きに影響します。また湿邪には重い・粘る・停滞するという特徴があるので、前に挙げたような症状が現れるわけです。 (さらに…)

次の記事へ »

日野庄商店

日野庄商店店頭

新潟県燕市仲町2番34号
地図
電話 0256-62-2057
営業時間 午前9時~午後7時
定休日 日曜日

Copyright© 2007-2017 新潟県燕市の漢方薬局 日野庄商店(ひのしょうしょうてん)  All Rights Reserved.