パンダの漢方ここだけ話

 中医学(中国漢方)の考え方をわかりやすくお伝えする、「パンダの漢方ここだけ話」ぜひご覧になって下さい。

 「パンダの漢方ここだけ話 vol1~vol12」のコラムは、㈱越後ジャーナル社発刊のフリーペーパー「ENGINE」(エンジン)紙面にて、平成18年4月~平成19年3月まで1年間の連載で掲載。また、パンダの言い忘れはHP開設時に追記したものです。

vol2 あ~目が疲れる!

2006-05-01

・・・目の症状は、肝から治療

 赤ちゃんを産んだばかりのお母さんは、産後の養生のためTVや本を見たりして「目」を使わないよう注意されます。なぜなら目を使うと血液を消耗するので、産後に目を使う事は母体の回復を遅らせるからです。同じことを漢方でも言い、「目と肝」は密接な関係があるとしています。肝臓は血を蓄え、浄化し、目をはじめ全身に行き渡らせてその量を調節しています。ところが産後は血液が不足傾向になるので目の使いすぎには注意しなければなりません。 (さらに…)

vol1 なぜ女性はヒステリックにみられるの?

2006-04-01

・・・女性に大切なもの、それは血液

 血液には体に栄養を与える働きがあり、もしも血液が不足すると、顔色が悪い・冷え・肌荒れ・目の疲れ・立ちくらみ・慢性的な疲労感などの症状が現れます。これがいわゆる貧血症状で、漢方では血虚(けっきょ)と言います。この他、血液は脳に栄養を与える働きもあり、実は脳の方が他の組織・器官よりも血液を必要とします。血液が充実していれば精神・情緒も安定します。しかし悩みや心配事が多かったり、パソコンなど目の使い過ぎ、夜更かし、過労などで血液を多量に消耗したり、無理なダイエットなどで血液を作り出すことが出来なくなると不安感・不眠・夢が多い・情緒不安などの症状が現れます。 (さらに…)

« 前の記事へ

日野庄商店

日野庄商店店頭

新潟県燕市仲町2番34号
地図
電話 0256-62-2057
営業時間 午前9時~午後7時
定休日 日曜日

Copyright© 2007-2017 新潟県燕市の漢方薬局 日野庄商店(ひのしょうしょうてん)  All Rights Reserved.